So-net無料ブログ作成

まほろばの国 一人ぶらり旅 東大寺・興福寺・法隆寺参拝! 雨もまたよし! [旅]

スポンサードリンク




まほろばの国 一人ぶらり旅 東大寺・興福寺・法隆寺参拝! 雨もまたよし!
【奈良→東大寺・興福寺・法隆寺】

昨日・一昨日と暖かな陽気だったが今日は打って変わって雨模様。気温激変。本日は悪天候を押して奈良へと向かう。

【東大寺】9時半頃着。流石に人影もまばら。車も楽に駐車できた。鹿が出迎えてくれる。

大仏
【興福寺】前駐車に困り、側まで来たが、参拝できないでいた。本日は時間も早いせいか、楽々車を止める事が出来た。博物館は後にして、五重塔を見る。何かどっしりとした重みのある塔である。横幅が広い。上にいっても屋根の幅が変わらないように見える。東寺の五重塔が一番高いと聞いたが、こちらの塔の方が高いようにも思う。東寺の方は、「京都で・・」という但し書きが付くのだろうか? 興福寺は春日公園の中に散在しているという趣だが、

かつての興福寺の境内が奈良公園になっているというのが本当だと思うが、当寺は建物が余り残っていないのもそう思わせる原因かもしれない。今年を期して、金堂などの再建を進めているとの事だった。 堂、三重の塔と見て回り、 金堂の前庭には、旧 金堂の発掘調査中で柱跡などを見る。 東金堂のみが拝観料を払って入る建物だった。

中央には薬師如来、両脇には日光・月光菩薩を従えている。

興福寺から、法隆寺に向かう。昨年11月後半頃に来て、二度目だが、本日は雨。雨の法隆寺もまた良しというところだが、本音は鬱陶しい。何せ、学生時代、雨が降ると、「絶対登校しない男」との異名を付けられたくらい雨が苦手な奴でしたなあ。「あれは傘が無いから来れないのだ」という尾鰭が付きまして、卒業の折り、記念に傘を貰ったという逸話の持ち主。

本日は雨のせいか余り人が居らず、ゆっくりとする事が出来た。山門から、夢殿に抜ける、小道は、両脇に土塀が続き、如何にも落ち着いた風情である。こういうところに日がな一日静寂を求めて、散策するのも、なるほど一興。雨の中法隆寺を後にする。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。