So-net無料ブログ作成

【さくら紀行】 萬龍寺境内に咲く桜! 見事なり! [さくら紀行]

スポンサードリンク




 仁礼から亀倉に抜けるとき偶然に出会った寺である。1週間程前に、この寺の道を通ったので、「桜は未だかいな!?」と思って立ち寄ったが、ちと早過ぎた。その際「境内に立派な櫻の木があるなあ!」と思ったが、未だ咲き初めだったので、満開のころ改めて訪れようと思った。

 一昨日は、まだ早くて、少しでもピンク掛かった程度だった。偶々電池が切れ掛かって、撮影は無理だったので、再度出直すことにした。

 そして今回3度目の正直で撮影した。
 
 萬龍寺の開祖は、木食上人但唱と言われる、上人は若い頃佐渡で修行をしたのち、米子の奥の奇妙山に籠って12年間難行苦行の末、元和3年(1617)当地亀倉に帰命山万竜寺を開いた。北信濃では数少ない天台宗寺院で、善光寺大勧進末である。この寺は慶安2年(1649)幕府から朱印状を授けられた(朱印寺)。本尊阿弥陀如来坐像は善光寺から移されたものと伝えている。

 この様に由緒ある萬龍寺であるが、境内にある3本の桜は何れも立派で見ごたえがあった。未だ満開とはいかなかったが充分満足出来るものだった。

     【さくら紀行】 萬龍寺境内に咲く桜! 見事なり!
     https://youtu.be/-Cc5iGH7Svk


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。