So-net無料ブログ作成

【さくら紀行】 高山大橋南の枝垂れ桜 [さくら紀行]

スポンサードリンク




 昨日高山村桜回廊巡りをしようと車を走らせた。実は一昨日も、仕事のコースを、やり繰りして、2箇所ほど行ってみたのだが、坪井の枝垂れ桜は、未だ3分咲きだったので、高山村の桜は、今週末くらいが満開なのかなあ!?と当たりを付けた。それでも役場当たりの桜は咲いているとの情報もあったので出掛けてみたのである。

 それは見事に的中!昨日行ってみた桜は、二ツ石、和美、高山中学校校庭桜、中塩、高山大橋南の桜、福島正則荼毘地の桜[これは小さな桜1本のみ]、神明社、太田の林檎畑の桜、太田の畑の中の孤高の桜、八幡社の桜などである。

 さて 高山大橋南の枝垂れ桜であるが、小林一茶記念館の東側交差点の右側の林檎畑の先にある。[この交差点を左折するとすぐ高山大橋がある] 【小林一茶と親交のあった久保田家ほかの墓地に建つ枝垂れ桜でで、高山村でも、比較的早く咲く大振りの樹木で、いち早く春を告げる桜でもある。樹高10m、樹冠10m、幹周3.3m、樹齢は200年と推定されている】と案内板に記されている。

 高山の桜は、その多くは、樹の下にお墓がある。これは村人のご先祖が、お墓を立てた際、偶々桜を植えた
のであり、それが後年立派な桜に育って今があるという事なのだと思う。取り立てて観光を意識したものでない、まさに日常の1コマ的生活に根差した桜なのだと思う。この桜が高山村指定樹木になったのも、平成25年という事でもそれは判ると思う。

      【さくら紀行】 高山大橋南の枝垂れ桜
      https://youtu.be/U3vRI3g7WF4


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。