So-net無料ブログ作成

【高齢者介護】 排泄処理は、介護する側、される側にとって最も負担の掛かるもの [老人介護]

スポンサードリンク




 高齢者の「在宅介護」や、介護施設で、介護する方にとって、一番きつい仕事が排泄の処理である。高齢者の排泄は、量も多く、匂いも半端ではない。一日数回のおむつの交換、また部屋や、廊下などで不始末をされ、その殺菌や、消臭に、多くの時間が割かれてしまう。

 そのため、排泄に伴う、労力の軽減するために、いろいろな商品が開発されている。紫外線を用いて、殺菌、脱臭をする装置を開発したのがある。

 除菌・消臭用の、「超音波霧化器」という商品や、次亜塩素酸水コンセプトの除菌・消臭液も注目されている。

 部屋や廊下、浴場などで不始末をされてしまった場合の処理[汚れ・悪臭を除去し、最後に除菌をしなければならない]は、介護するサイドにとって最も辛いものとなっている。これをスムーズに処理するために、米国環境保護局に登録された除菌中性洗剤が推奨されている。

 以上は不始末をされてしまった後の対応策として有効な方法ですが、そもそも不始末を予防(?!)する手段として、自動排泄処理装置があります。吸引、洗浄、乾燥を自動で処理するので、介護する人が、直接排せつ物に触れることもなく、臭気も密封出来るため臭いの悩みもありません。吸引したポットに溜まった汚物をトイレに捨てるだけです。

 排泄処理は介護する人にとって、最も大変でストレスの掛かる作業です。また処理をされる人にとっても精神的負担の掛かるものです。この部分を自動的に処理できれば、負担も軽減でき、時間や手間も省けます。

 商品のPRみたいになってしまいましがあしからず!




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。