So-net無料ブログ作成

【健康】玉ねぎの驚異的効用!血管年齢10~20歳若返る!今日からスープづくりだ! [健康]

スポンサードリンク





小生は盛岡赴任時代(単身赴任)、終業時刻が過ぎると玉ねぎを刻んで食べていた。血圧が高めだったので、そうしたのだが、「変人(!?)」扱いされた。そりゃそうだよなあ!その上、こめかみと額に鎮痛ハップ剤を張っていたので・・・はっはっは!

玉ねぎ!これを1日1個食べれば、血管年齢が、10~20歳若返ると、「広島大学再生医療学部門と、ハウス食品が、「共同研究」の結果を発表した。担当した東幸仁教授は、「血管は年齢を重ねると弾力性がなくなり固くなっていく。これに大きく関わっているものに「血管内皮」というものがある。血管内皮は、一酸化窒素(以下NOと記す)などを分泌して、血管を収縮させたりするほか、血小板の粘着・凝縮を抑制して、血管を保護する機能がある」と言っています。

 以前から血管内皮の改善には、ポリフェノールが有効だということは、複数の研究によって解っていたが、更にそのポリフェノールについて深く追求していったのが今回の研究の眼目だった。教授等は玉ねぎ多く含まれている、抗酸化力が強い「ケルセチン」に注目し、これを1日51ミリグラム含まれたスープを、男性22人に4週間摂取させた実験を実施、その結果、血管内皮機能の評価基準であるFMD値が、1.6%改善されたと発表した。この数値は一見小さいと受け取られそうだが、薬に匹敵する値で、血管年齢に換算すると、10~20歳若返ったと同じ効果だそうだ。薬の場合は、この結果が出るのに、10~12週間を要すことと比較すれば、玉ねぎの場合は、4週間でこの点でも驚異的な結果だった。

 ケルセナチンが効果的なのはその抗酸化作用にある。活性酸素はNOの機能を弱め、それにより血管内皮の働きも低下させる。またNOの分泌そのものを促す作用ももっている。血管の石灰化した状態でなければ、年齢に関わらず、血管内皮の改善は可能だ。しかも血管はどの臓器よりも改善しやすいので、今日からでも玉ねぎを刻み、スープなどにして食べよう!また同時にケルセナチンには、血圧、血糖値を下げる効果もあり、動脈硬化や、心筋梗塞、脳梗塞の予防にも繋がり、一石二鳥・三鳥である! 

 ケルセナチン51ミリグラムは、玉ねぎ中サイズのもの1個に相当する。これを玉ねぎスープにするのがお奨めだ。輪切りにして、オリーブオイルで茶色になるまで炒める。水とブイヨンを加え、煮立ったら弱火で10分煮て、塩コショウで味を調整する。これを基本にして、あとはお好みで、時期にあった旬の野菜などを加え、ベーコン、チーズなどで変化を付ければ、毎日でも空きません。まあサプリもありますが、出来るだけ、スープなどから摂取することがベターだと思います。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。