So-net無料ブログ作成

【健康】 トランス脂肪酸・飽和脂肪酸はやっぱり「生体に悪影響を与える!」という事が改めて結論付けられた! [健康]

スポンサードリンク




【健康】トランス脂肪酸・飽和脂肪酸はやっぱり「生体に悪影響を与える!」という事が改めて結論付けられた!

28年7月5日アメリカにおいて、30年以上掛けて行われていた調査の結果が発表された。
その調査とは、「トランス脂肪酸」、「飽和脂肪酸」についての、生体に対する影響を調べたものである。その結果、マーガリンやショートニングに含まれる「トランス脂肪酸」と、バター、ラード、赤身肉などに含まれている「飽和脂肪酸」は、「早死のリスク」を上昇させるという事が改めて証明された。

12万以上の医療従事者を対象に、食事・生活スタイル(生活習慣)、健康などに対するアンケート調査をまとめたもので、米医学誌「JAMAインターナショナル・メデション」に掲載、発表された。そのアンケートは2~4年毎に、最長32年間に亘って実施されたものである。

その結果トランス脂肪酸、飽和脂肪酸を多く摂っている人ほど、「同量のカロリーを炭水化物から摂っている人」に比較して、死亡率が明らかに高いという結論に至ったという。飽和脂肪酸は、摂取量が5%増加する毎に、死亡リスクが8%アップ、トランス脂肪酸については、摂取量2%アップする毎に、早死にリスクが16%高くなることが結論つけられている。

 また飽和脂肪酸をオリーブオイル、菜種油、亜麻仁油などの不飽和脂肪酸に変えると、「同量のカロリーを炭水化物から摂取するのに比較すると、11%~19%低下」したという。やはり自然由来のものは体にいいという結論に至った。(ただし市場に出回っているオリーブ油が100%天然由来のものではないということが新聞に出ていた☜食品の偽装体質は相変わらずだ!)

 トランス脂肪酸、飽和脂肪酸の摂取は、特に循環器系疾患、がん、神経変性疾患、呼吸器系疾患に悪影響を与えるという事が改めて判明した結果になった。欧米では禁止されたか、禁止される方向にあるが、わが日本では、消費者より企業寄りの対応を取っていると言わざるを得ない状況にある。

 「マーガリンは食べていないから大丈夫」と単純に思ってはいけない。買い物に行ったら、商品の裏側の成分表(イングレ)を必ず見るようにしよう!マーガリンと表示されている製品もかなりありますが、その他に「ショートニング」「乳化剤」という表示がされているが、これらはいずれも同類のものである。このほかに食品添加物の問題もある。

空気を吸っても、水を飲んでも、化学物質の問題は避けて通れない状況、劣悪な食環下にある。そんな中で、自分で調理するとか、値段が少々高いかもしれないがより少ないものを食べるとか、デトックスコンセプトのもので体外に出すとか、対策を自分で立るしかない。ここでも「自分(家族の)の健康は自分で守る」ということが必要だ。人任せ(出来合いのものを買うなど)にしてはいけない。 



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。