So-net無料ブログ作成

「疲労」の本質は、「脳疲労」にある!活性酸素を過剰に発生させないため、規則正しい生活習慣を心掛ける! [健康]

スポンサードリンク




「疲労」の本質は、「脳疲労」にある!活性酸素を過剰に発生させないため、規則正しい生活習慣を心掛ける!

「疲労」の本質は、「脳疲労」にあることが、最近の研究で解ってきた。その「脳疲労」は、「自律神経の中枢」への、活性酸素の攻撃によって起こる。依って脳疲労の予防・治療は、この活性酸素をどうするかに掛かっているという事になる。

 「脳疲労」の予防・回復<活性酸素を異常発生させないため>には、第一に、「睡眠の質と量(時間)」、次いで「入浴」、それに「食事」であると、脳疲労・睡眠研究の第一人者である、梶本修身院長(東京疲労・睡眠クリニック)が述べている。仕事中ウトウトしてしまう、何時間寝ても未だ眠いという人は、例え睡眠時間は取れていても、熟睡できていない証拠です。その原因の一つとしては、「イビキ」がある。大したことではないと侮ってはいけない。

 イビキは睡眠中に気道が狭くなって生じる現象である。呼吸が阻害され、充分な空気を肺に送り込むために、余分なエネルギーを消耗し、加えて自律神経まで大きな負担を掛けてしまう。再び梶本修身院長は指摘する。「イビキは寝ながら運動をしているようなものですから、とても熟睡しているとは言えません。とくに働き盛りの、40~50代の人は気を付けてほしい」 

 小生もイビキが酷く、音も大きいが、しかも往復でかくらしいので、非常に迷惑がられている。しかも睡眠時無呼吸症というから、不充分睡眠の原因のてんこ盛りだ!疲労感が絶えず、日中よく眠くなる。

 イビキがどの程度かいているかは、医療機関に行き、「PSG」検査(=終夜睡眠ポリグラフ)で測定する。最近開発された「疲労回復CPAP(=睡眠時呼吸補助装置)は、睡眠効率を高めることが可能となった。

 「入浴」については、全身浴だと、刺激が強く、交感神経優位のモードになるため、逆に体温調節をおこなう自律神経の疲労を誘発してしまう。そのため38~40度程度のぬるま湯に浸かる半身浴にとどめるようにする。

 「食事」面では、イミダペプチド(=抗疲労成分)の摂取を心掛ける。食品に含まれる23種類の食成分のうち、どの成分が疲労に効くか調べた結果得られた結論であるという。渡り鳥は、3万キロも移動する種がいるが、その鳥の胸肉に多く含まれている成分である。1日100gくらい摂取すると効果が出るという。

 生活習慣上、無理をしたり、変則的なこと(=ストレス☞酸化ストレス)をすれば、活性酸素が過剰に発生するし、またそれらを平常に戻そうとして余分に酵素などを消耗する。規則正しい生活習慣がやはり大切である。

 ※日刊ゲンダイ「病気に潜む脳の異常」シリーズ参照。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。