So-net無料ブログ作成

京都人の「ぶぶ漬けでもどうどす?」は、どんな意味合いがあるのか!? [京都探訪]

スポンサードリンク




京都人の「ぶぶ漬けでもどうどす?」は、どんな意味合いがあるのか!?

京都以外の人はよく京都人のことを「意地が悪い」という思いを持つ。京都の人は本音を出さないとか、京都の人の言葉には裏があるとか言われることが多い。

 よく聞く話に、京都では「ぶぶ漬けは、如何どすか?」と聞かれたら、「そろそろ帰ってくださいな」という意味だといいます。 ぶぶ漬けとは、お茶漬けのこと。酒呑みにとって、最後に食べるものなので、転じて、そういう意味になったのだと説明されています。

200px-お茶漬け具だくさん01.jpg

 

更に、もし本当に食べて帰ったら、もののわからないヤツというか、空気の読めないヤツとされる、といいます。本当でしょうか?・・・・・



  by経済コラムニスト・大江英樹氏

  引用・参考元 https://thepage.jp/detail/20160912-00000011-wordleaf?   

  page=2&utm_expid=90592221-4.LdrGpjcWS4Czgnu3l9N7Eg.0&utm_referrer=https

 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。