So-net無料ブログ作成

地方大出身者からノーベル賞続出! なぜか「東大」は振るわず?どうしてか!? [ニュースとっておき!]

スポンサードリンク




地方大出身者からノーベル賞続出! なぜか「東大」は振るわず?どうしてか!?

今年も日本の研究者からノーベル賞受賞者がでた。2014年 赤崎勇 / 天野浩 / 中村修二(物理学賞)、‘15年 梶田隆章(物理学賞)、大村智(医学・生理学賞)、そして今年‘16年は、大隅良典(医学・生理学賞)と3年連続の受賞だ。最近は地方の国立大出身者が大健闘している。iPS細胞の山中氏も神戸大だし、青色発光ダイオードの中村氏も徳島大。ところが東大はこの15年間で3人と、イマイチ振るわない。

 東大といえば、文科省による今年度の科学研究費補助金および学術研究助成基金助成金(総額約2000億円)の配分額が約216億円と最多。梶田氏が出た埼玉大や大村氏の山梨大の7億円と比べて圧倒的な差がある。差は歴然だ。研究費も優遇され、人材も設備も最高峰の筈なのに、どうしてなのかと不思議になる・・・・・

 

 yjimage (5).jpg

    引用・参考元 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/165567/2

  つづきはこちら 




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。