So-net無料ブログ作成

雪国のハンデキャップは数多あれど、タイヤの問題を解決できるかも知れない! [ニュースとっておき!]

スポンサードリンク




雪国のハンデキャップは数多あれど、タイヤの問題を解決できるかも知れない!

降雪のない地域に比べ、雪国であるが故のハンデキャップは数多あれど、その中の1つの問題として、夏(3シーズン)と、冬用のタイヤを準備しないといけないという問題がある。第一タイヤを2組揃えなくてはいけないので、経済的負担が2倍になる。決して安いものではないので、降雪のない地域に比べ、大きな負担だ! 雪が降りそうな時期になれば、タイヤの入れ替えをしなくてはならいが、これがまた億劫な作業なので、ダラダラしていると雪が降ってしまい大慌てで入れ替えをするといった事態にもなる。業者に依頼すれば、相応の料金が掛かる。また冬用タイヤの宿命として、路面との摩擦係数が高くなるので、燃費効率が悪くなり、従ってガソリン量が増え、燃費のハンディキャップも出る。また入れ替えたタイヤを収納する場所も確保しなければならない。地方では鉄道など廃線になってしまっている場合が多く、生活をするために、車が絶対必要だ。したがって一家で2台、3台、加えて農家では作業用に軽トラックなどを持っているのが一般的なので、タイヤの置き場所も半端ないスペースが必要となる。その他雪道故の事故の危険性や、積もった雪を除く時間や労力が必要となる。

以上雪国では、タイヤ1つをとってもこれだけの、経済的、手間暇、スペースのハンディキャップがあり、大袈裟に言えば命の・・・・・・・

 
 
画像の下に注意事項がありますのでよろしくお願いします。 
 
 
yjimage (1).jpg 
 


 ※ 4seasonタイヤは、降雪量の比較的少ないエリアでの使用に適しているもので、降雪の多いエリアでは、チェーンの装填が必要な場合があります。ご注意ください。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。