So-net無料ブログ作成

頭が2つあるサメの報告が世界で増加、原因不明 生活環境に異変があるのではないか? [News]

スポンサードリンク




頭が2つあるサメの報告が世界で増加、原因不明 生活環境に異変があるのではないか?

 双頭のサメなど、映画の中の作り物のように思われるかもしれない。けれども科学者によると、そうしたサメはたしかに実在し、しかも、世界中で発見例が増えているという。

 2013年には、フロリダ沖で捕獲されたオオメジロザメという胎生のサメの子宮内から双頭の胎児が見つかって話題になったし、 2008年にはインド洋でも双頭のヨシキリザメの胎児が発見されている。

 2011年には、カリフォルニア湾内とメキシコの北西沖で捕獲されたメスのヨシキリザメの子宮内から発見された双頭の胎児を詳しく調べた論文も発表されている。実は、これまでに双頭の胎児が発見されているサメのほとんどがヨシキリザメだ。2011年の論文で研究チームを率いたメキシコ国立工科大学のフェリペ・ガルバン・マガーニャ氏によると、ヨシキリザメの子宮には一度に50匹近くも胎児が入っていることがあり、数が多い分、奇形が見つかりやすいのだという。

 このほどスペインの研究チームが発見した、ヤモリザメの仲間であるアトランティック・ソーテール・キャットシャーク(Galeus atlanticus)の双頭の胎児に・・・・・・

 
 
yjimage (3).jpg 
 



引用・参考元 ナショナル ジオグラフィック日本版 11/8(火) 配信 
文=Joshua Rapp Learn/訳=三枝小夜子
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161108-00010000-nknatiogeo-sctch&p=1
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161108-00010000-nknatiogeo-sctch&p=2




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。