So-net無料ブログ作成

<京都・西本願寺宛て文書見つかる!>「浅野内匠頭 乱心」の内容 [歴史探訪]

スポンサードリンク




<京都・西本願寺宛て文書見つかる!>「浅野内匠頭 乱心」の内容

赤穂浪士討ち入りのきっかけとなった赤穂藩主・浅野内匠頭(たくみのかみ)の刃傷事件に触れた新たな古文書が浄土真宗本願寺派本山・西本願寺(京都市下京区)の本願寺史料研究所で見つかり、同研究所が2日発表した。事件直後に作成されたもので、内匠頭が「乱心」したなどと記されている。刃傷事件について同時代に書かれた史料は見つかっていないといい、同研究所は「当時の状況が分かる貴重な発見」としている。

 刃傷事件は元禄14年3月14日(1701年4月21日)に発生。内匠頭が江戸城松の廊下で吉良上野介(きら・こうずけのすけ)に切りつけた。赤穂藩は取りつぶし、内匠頭は即日切腹となり、元禄15年12月(1703年1月)に家老の大石内蔵助(くらのすけ)らが吉良邸で上野介を討ち取った。

 見つかったのは、上野介と関係が深かった西本願寺の幹部が直轄寺院である江戸築地御坊(現・築地本願寺)とやりとりした際に作った「江戸江遣書状留帳(えつかわすしょじょうとどめちょう)」。同研究所が保管する約20万点の中にあった。

 事件から7日後の元禄14年3月21日(1701年4月28日)付の文書には・・・・・・


 
 
0161202at28_p.jpg 

 

引用・参考元 ヤフーニュース<毎日新聞 篠田直哉>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000002-mai-cul
画像引用 http://mainichi.jp/articles/20161203/ddm/012/040/069000c




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。