So-net無料ブログ作成

反「自・公」の受け皿を作れるかが鍵! <次期衆院選>野党協力で逆転58区 14年基に試算してみた [政治]

スポンサードリンク




反「自・公」の受け皿を作れるかが鍵! <次期衆院選>野党協力で逆転58区 14年基に試算してみた。

衆院議員の任期(2018年12月)が残り2年を切り、安倍晋三首相は昨年から衆院解散を探る。次期衆院選は自民、公明両党が衆院の3分の2を超す議席を維持するか、野党が巻き返すかが焦点。14年衆院選の結果に基づく毎日新聞の試算によると、民進、共産、自由、社民4党が候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で与党の現職を逆転する可能性がある。

【若者のことを勘違い?】自民の選挙向け漫画「国に届け」全ページ公開

 試算で野党4党が勝利する「逆転区」は、北海道ブロック5▽東北9▽北関東8▽南関東4▽東京8▽北陸信越6▽東海5▽近畿6▽中国1▽四国1▽九州5--で東日本に多い。

 衆院の現有議席は自民党292、公明党35の計327議席。比例代表の獲得議席を前回並みと仮定すると・・・・・・・・


 
 
 
 
0022917012.jpg 
 
 
 



◇試算の方法

 2014年衆院選の小選挙区で、当時の民主、共産、生活、社民4党と、この4党系無所属、維新の党の一部が得た票数を合計し、自民、公明両党の当選者と比較した。維新の党に関しては、後に民進党に合流した候補者の票を加算し、現在の日本維新の会系候補の票は除外した。北海道5区、東京10区、京都3区、福岡6区は昨年行われた補選の結果を用いた。


引用・参考元 ヤフーニュース < 毎日新聞 (中田卓二、吉田啓志)>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000005-mai-pol



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。