So-net無料ブログ作成

【食品業界動向】新工場建設続々!キユーピー45年ぶり、山崎製パン26年ぶり。食品工場、国内新設のなぜ!? [業界情報]

スポンサードリンク




【食品業界動向】新工場建設続々!キユーピー45年ぶり、山崎製パン26年ぶり。食品工場、国内新設のなぜ!?

■食の視点変え、成熟から成長市場へ転換狙う■

 キユーピーや山崎製パン、日清食品などの大手食品メーカーが、国内で工場投資を活発化している。少子高齢化による人口減少や価格競争などで、国内の食品市場は先行きに希望がないと思われがちだ。しかし、メーカー各社は「商機あり」と見て、新工場やラインの増設に動いている。

 キユーピーは2017年4月から、神戸市東灘区にあるマヨネーズの主力工場を全面稼働させる。山崎製パンも神戸市西区にパン工場を同年1月、着工する。日清食品(東京都新宿区)は滋賀県栗東市に、即席麺新工場の建設を決めた。テーブルマークやケンコーマヨネーズも、冷凍食品と総菜で新工場建設に動いている。

 16年10月に、一部稼働を始めたキユーピー神戸工場。「マヨネーズ」「キユーピーハーフ」「深煎(い)りごまドレッシング」といった家庭用調味料の基幹商品を手がける。マヨネーズ主力工場の国内新設は・・・・・・・


 
 
 
 
50_01.jpg 
 
 




引用元 ヤフーニュース [ニュースイッチ 日刊工業新聞第二産業部・嶋田歩]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00010003-newswitch-ind




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。