So-net無料ブログ作成

芥川賞に山下澄人さん「しんせかい」=直木賞は恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」が選定される! [Topics]

スポンサードリンク




芥川賞に山下澄人さん「しんせかい」=直木賞は恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」が選定される!

第156回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は山下澄人さん(50)の「しんせかい」(「新潮」2016年7月号)、直木賞は恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)に決まった。
 
山下さんは4回目の候補での受賞。作品は、19歳の「山下スミト」が俳優や脚本家を育てる演劇塾で過ごした月日を描く。カリスマ的な「【先生】」や塾生らとの葛藤が、雪深い地の情景に乗せ、虚実の間で語られる。
 
選考委員の吉田修一さんは「王道の青春小説で素直に面白い」と評価。「主人公のキャラクターが特殊な状況に置かれ、『冷やされた言葉』で書かれているのが新鮮」と指摘した。
 
恩田さんは6回目の候補で栄冠をつかんだ。作品の舞台は国際ピアノコンクール。養蜂一家に育った野生児、かつての天才少女、妻子持ちサラリーマン、名門音楽院生らが予選、本選を経て頂点を目指す青春群像劇だ。
 
選考委員の浅田次郎さんは・・・・・・・

 
 

 

 20170120-00000005-sph-000-2-thumb.jpg

記事・画像 引用・参考元 Excite News <時事通信>
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170119/Jiji_20170119X049.html

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <スポニチ アネックス >

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000051-spnannex-soci





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。