So-net無料ブログ作成

115年前の八甲田雪中行軍事件 弘前隊生還の真実探る! 間山元喜さん資料調査に執念燃やす! [歴史探訪]

スポンサードリンク




115年前の八甲田雪中行軍事件 弘前隊生還の真実探る! 間山元喜さん資料調査に執念燃やす!

1902(明治35)年1月、青森歩兵第5連隊210人のうち199人が犠牲となった「八甲田雪中行軍遭難事件」から20日で115年。当時、青森隊と別ルートで行軍し、39人(2人が途中離脱)全員が生還した弘前歩兵第31連隊の資料調査に取り組んでいるのが、弘前隊の宿営係を務めた間山仁助伍長の孫・間山元喜さん(67)=弘前市。

隊を率いた福島泰蔵大尉の手記や従軍士官の報告書を入手した間山さんは「弘前隊の行軍も過酷な旅程だった。よく知られていない弘前隊の真実を伝えていきたい」と話している。
 
間山さんは2013年、福島大尉の孫の倉永幸泰さん(90)=長崎県諫早市在住=から、福島大尉が残した行軍に関する資料のコピーを譲り受けた。資料は福島家で「門外不出」とされていたが・・・・・・・・・


 
 
 
 

 16265638_1376882765687527_8053477415991848842_n.jpg

記事・画像 引用・参考元  Yahoo News <東奥日報 >

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-27112525-webtoo-l02





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。