So-net無料ブログ作成

日頃行っているスーパーは消費者にとってよい店なのか!5つの商品の取り組みを見れば判定できる! [生活の知恵]

スポンサードリンク




日頃行っているスーパーは消費者にとってよい店なのか!5つの商品の取り組みを見れば判定できる! その見分け方を!

消費者にとって、いいスーパーは「5つの商品をチェックすれば分かります」と言うのは、「スーパーで買っていい食品 買ってはダメな食品」(さくら舎)の著者で、食肉処理場、総菜工場、配送流通センターなど、35年にわたり食品業界の裏側を見てきた河岸宏和氏だ。

■①最も分かりやすいのは「卵」■

「誰もが購入する卵は、日本の法律では、どこの農場でいつ産卵したかを表示する義務を課していません。スーパーの対応に委ねられているのです。消費者を大切にするスーパーは、生産農場と産卵日を書いている。卵の賞味期限は、産卵日からではなくパック詰めから14日先の日付。通常、パック詰めまで最大5日間は経っています。だから、産卵日を書いているのは消費者に対して親切ですね。また、卵は潜在的に『サルモネラ菌』を持っていて、産卵後すぐに冷蔵保管、冷蔵販売することで発症を防げる。山積みで常温販売している卵はおすすめできません」

■②「肉」はパックの「加工者」の表示をチェックする■

「スーパーの住所と同じになっていれば、その場で加工されたもの。
住所が別なら・・・・・・・・・

 

 

 5d3c283386c280ef4849f8f3503bdd3720170203135957017_262_262.jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <大人の社会講座>
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/198856





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。