So-net無料ブログ作成

【今週の一冊】 中島岳志・評 『安倍三代』=青木理・著 「不気味さ」を言語化する必要がある! [書籍紹介]

スポンサードリンク




【今週の一冊】 中島岳志・評 『安倍三代』=青木理・著

「不気味さ」を言語化する必要がある
 昨年の6月19日、安倍晋三首相は東京の吉祥寺で演説のマイクを握っていた。すると安倍内閣に批判的な市民が押し寄せ、「帰れコール」をくり返した。

 しばらくは無視をしていたものの、我慢ができなくなった首相は、次のように言いかえした。「私は子供の時、お母さんからあまり他人(ひと)の悪口を言ってはいけない。こう言われましたが、(中略)妨害ばっかりしている人がいますが、みなさん、こういうことは止めましょうね、恥ずかしいですから」

 私は首相が口にした「お母さん」という言葉が、どうしても気になってしまう。ここに露出したナイーブな幼さと、あの高圧的なタカ派イデオロギーのアンバランスに戸惑いを覚えるからだ。しかし、両者は一体のものとして安倍首相の人格を形成している。ここを読み解くことが安倍晋三を理解する鍵となる。彼はどのような背景と歩みによって、今のような政治家となったのか。本書は歴史を遡(さかのぼ)ることで、その本質に迫る。

 安倍首相の祖父といえば、母方の岸信介が思い浮かぶ。実際、首相も岸については繰り返し言及して来た。しかし、もう一人、彼には祖父がいる。父方の安倍寛(かん)である。ただ、首相は「寛については・・・・・・・・・・・

 
 
 
 yjimage (5).jpg
 
 



引用・参考元  毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170326/ddm/015/070/033000c?inb=ys




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。