So-net無料ブログ作成

鬼界カルデラに特大の溶岩ドーム 超巨大噴火後に形成か !? [大自然]

スポンサードリンク




 鬼界カルデラに特大の溶岩ドーム 超巨大噴火後に形成か


約7300年前に超巨大噴火が起きた九州南方の海底にある「鬼界カルデラ」(直径約20キロ)に、直径約10キロの溶岩ドームがあると、神戸大などのグループが31日発表した。ドームは超巨大噴火の後に形成された可能性が高いという。


 同大海洋底探査センターの巽(たつみ)好幸センター長(マグマ学)らが今年3月、船からの音響探査と、水中ロボットによる海底調査で、溶岩が水中で固まった際に見られる特徴的な割れ目がある溶岩ドームを確認した。地中のマグマだまりから出た溶岩の量は約40立方キロメートルと推定される。火山性とみられる・・・・・・・・・


 
 
 
 
yjimage (3).jpg 
 


引用・参考元 ヤフーニュース < 朝日新聞社>(後藤一也)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000113-asahi-soci






スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。