So-net無料ブログ作成

東芝に続き…日本郵政の巨額損失招いた西室元社長の罪 [経済界]

スポンサードリンク




東芝に続き…日本郵政の巨額損失招いた西室元社長の罪 


 <日本郵政の巨額損失を巡り、市場の判断が揺れている>


  日本郵政は2015年に子会社の日本郵便を通じて、オーストラリアの物流会社トール・ホールディングスを6200億円で買収した。ところが、オーストラリア経済の低迷などでトール社の業績は悪化。3000億~4000億円程度の減損を計上する可能性が指摘されている。17年3月期の最終損益で赤字転落する恐れも出てきたのだ。


 「ウミを一気に出し切ることは悪くない。ダラダラと損失を処理するより、よっぽどマシでしょう」(株式アナリストの黒岩泰氏)


 


■「悪材料がまだあるのでは…」■


  一方で、トール社買収を主導した人物が、西室泰三元社長だったことから、市場がざわついている。「西室氏といえば東芝の元社長です。“東芝の天皇”とすら呼ばれ、その影響力は計り知れません。東芝が不正会計に手を染めたキッカケとされる経営トップの人事抗争をつくり出した・・・・・・・・・・・・・


 


         続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/6178


 


 


610077cf0b24ffbc9854aed6214a9fd420170424123413606_262_262.jpg

 


 


記事・画像引用・参照元 日刊ゲンダイ


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204179/1


 


 






スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。