So-net無料ブログ作成

<陛下>退位議論に「ショック=違和感」 宮内庁幹部「天皇の今迄の生き方(信条)の否定」に通ず! [この国の行方!]

スポンサードリンク




<陛下>退位議論に「ショック=違和感」 宮内庁幹部「天皇の今迄の生き方(信条)の否定」に通ず!


 


 


 天皇陛下の退位を巡る政府の「有識者会議」で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。


 


 陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。


 


 宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。


 


 ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して・・・・・・・・・・


 


 


  つづきはこちらから ☞   http://mahoroba19.com/archives/6416


 


 


yjimage (43).jpg

 


引用・参考元 ヤフーニュース < 毎日新聞>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000002-mai-pol


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。