So-net無料ブログ作成

過信は間違いの元! 低温で増殖する細菌も! 食中毒を防ぐ正しい冷蔵庫の使い方 [生活の知恵]

スポンサードリンク




過信は間違いの元! 低温で増殖する細菌も! 食中毒を防ぐ正しい冷蔵庫の使い方


  


 いよいよジメジメした梅雨の季節がやってくる。そこで気になるのが食中毒だ。中には「食べ物は冷蔵庫に入れているから大丈夫」と思う人もいるだろうが過信は禁物。冷蔵庫は使い方によっては食中毒リスクをアップさせることにもなりかねない。


  家庭で繁殖しやすい食中毒菌といえば、生肉やレバー、卵などに繁殖する「サルモネラ属菌」、牛肉などに繁殖する「腸管出血性大腸菌」、鶏肉に広がる「カンピロバクター」、魚介類やお寿司などに広がる「腸炎ビブリオ」などだ。


 


 細菌が繁殖するには「温度」「水分」「栄養」が必要だが、食品には水分と栄養が含まれている。そのため、カギを握るのが温度だ。県立広島大学名誉教授で、東北女子大学家政学部の加藤秀夫教授が言う。


 


「細菌の多くは10度以下で増殖スピードが遅くなり、冷凍庫の目安温度であるマイナス15度以下で停止します。しかし、それで細菌が・・・・・・・・・・・・


 


 


   つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/6493


 


yjimage (12).jpg

 


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/206568


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。