So-net無料ブログ作成

ニュータイプからレトロまで――銭湯じわり復活の最前線を歩く! [業界情報]

スポンサードリンク




ニュータイプからレトロまで――銭湯じわり復活の最前線を歩く!


 


夕暮れどきの商店街を抜けて、容器に入れたせっけんをカタカタ言わせながらのれんをくぐる。大きな湯船、少し熱めのお湯。湯上がりに特大の扇風機の風に煽られながら飲むフルーツ牛乳の味は格別だった。いま都内で銭湯が静かに復活している。近ごろまた銭湯に通い始めたコラムニストが、湯船に肩までつかりながらその魅力を考えた。


(コラムニスト・石原壮一郎/Yahoo!ニュース 特集編集部)


 散歩途中で衝動的に入浴する!


 都電荒川線の小台停留所(荒川区)から続く昔ながらの商店街をぶらぶら歩いていて、いきなり白い壁に小さな窓が並んだ2階建ての建物が現れた。「梅の湯」と書かれた看板やお風呂マークののれんがなかったら、とても銭湯には見えない。ここで「最近の銭湯は、こんなことになっているのか!」と驚かされたのが、元をただせば今回の取材のスタートである。


  66年前に創業、去年の秋に大きくリニューアルした。ポップなウエルカムボードを書いているのは、3代目の栗田尚史さん(撮影:八尋伸)


 発作的に、いきなり入浴。のれんをくぐって靴を脱ぐと・・・・・・・・・


 


      つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/7229


 


_1500967402_1500967385_sentou-0025.jpg

 


記事 https://news.yahoo.co.jp/feature/696 <コラムニスト石原壮一郎>


 profile


石原壮一郎(いしはら・そういちろう)


1963年三重県生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。以来、『大人力検定』『大人の言葉の選び方』など、大人をテーマにした著書多数。最近は、東京のまったく知らない街をスマホに頼らずぶらぶら歩いて、ピンと来た店に入ってみたり、見つけた銭湯に入ったりする大人の迷子旅にはまっている。


 


[写真]


撮影:八尋伸


写真監修:リマインダーズ・プロジェクト


後藤勝


 




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。