So-net無料ブログ作成

みちのく一人ぶらり旅】 青森下北半島1周記 恐山 仏ヶ浦 その2 [旅]

スポンサードリンク




【みちのく一人ぶらり旅】 青森下北半島1周記 恐山 仏ヶ浦 その2


[同名のみちのく一人旅・・・・ その1 の続きです!]


 


 3人が乗り合わせていた。


 船は比較的小さなもので、波に揉まれて、結構揺れた。 私は嘗て、千葉支店時代、付き合いで、船で銚子を出港して、大原の沖合いまで出て、「鯛釣り」と洒落たことがあったが、船が停泊して、いざ釣る段になったら、完全な船酔いで、昼飯も食わずに、港に帰る迄の、半日間をただひっくり返っていて棒に振ったことがある。果たしてこの船で大丈夫かしらと思ったが、所要時間20分と短いこともあって、何とか無事に陸に戻れた。 まあからっきし意気地がないのである。


 


 船の上から望む、仏ヶ浦は又格別だった。丁度山のようになっている中腹に、白い岩が群れになって立っているのである。その姿が、仏のように見えることからこの名前が付いたようだ。<実際に仏像みたいに見える岩や、五百羅漢と名がついた岩群もある>


 


 駐車場はこの山の中腹にあり、海面からは、780mは優に登ったところにある。途中から絶壁になっている。帰りはその絶壁を[勿論階段状の歩道になっているが]登っていかなくてはならない。結構息が切れた。


 


 ここを出たのが、1753 出発点から、356kmだった。 もうこれからは特に予定していたところはなく、ただ帰り道を走りに走るのみ。地図を見るとえらい距離を残している。 これから300kmは優にある。そこで考えた。地図によれば・・・・・・・・・・・


  


      つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/7428


 


08170267.JPG

 


画像元 original


2001年撮影)


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。