So-net無料ブログ作成

イースター島に新たな謎 DNAに「南米の痕跡」が一切なかった古代住民 彼らは一体何処からやってきたのか… [謎シリーズ]

スポンサードリンク




イースター島に新たな謎 DNAに「南米の痕跡」が一切なかった古代住民 彼らは一体何処からやってきたのか…


 


 


 日本にも謎が多く存在する! 「弥生人は何処からやって来たのか!?」などなど! 真実は今においてさえ、判然としない! そんな謎は世界の何処にでも転がっている!この度イースター島において、古代イースター島住民のDNAを解析したところ、新たな謎が見つかったという!今回はその謎についてのレポートである。


 イースター島の新たな謎だ。古代の住民の遺骨の遺伝子を分析したところ、南アメリカの住民との接触の痕跡は見つからなかった。これらの人々は、いったいどこからやってきたのだろうか?


 陰謀、魔法、魅惑--。これらはチリ領のイースター島を特徴づける要素である。イースター島は、現地語でラパ・ヌイという。南太平洋の小さな孤島で、その巨大なモアイ像で有名だ。


 その神秘のオーラに、もう一つ謎のデータが加わろうとしている。ラパ・ヌイの古代の人々のDNAを分析したところ・・・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8315


 


yjimage (2).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 産経新聞


http://www.sankei.com/wired/news/171028/wir1710280001-n3.html


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%B3%B6&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。