So-net無料ブログ作成

インフル感染リスクを下げる筈の「マスク」が、装着の付け方をしなかったばかりに、却って感染の原因になる!では正しい使い方とは!? [生活の情報]

スポンサードリンク




インフル感染リスクを下げる筈の「マスク」が、装着の付け方をしなかったばかりに、却って感染の原因になる!では正しい使い方とは!?

 

  日に日に寒さが増し、マスクを着用している人が増えてきた。風邪やインフルエンザなどの感染症を予防したいなら、正しい使い方をしないと却って逆効果になりかねない。

 外出時や人が多い職場では常にマスクを着用していたのに、インフルエンザに感染してしまった。そんな経験がある人は多い。医療機関でも、マスクを着用しているスタッフや患者ばかりがインフルエンザに感染するというケースも起こっている。 マスクは正しい使い方をしないと、逆にインフルエンザ感染のリスクを高めてしまうという。東邦大学名誉教授で平成横浜病院の東丸貴信総合健診センター長は言う。

 「インフルエンザの主な感染経路は、①咳やくしゃみなどで飛び散ったウイルスを含んだ飛沫を吸い込むことで感染する『飛沫感染』と、②ウイルスが付着したつり革やドアノブなどに手を触れ、その手で目、鼻、口などを触って粘膜から感染する『接触感染』です。ウイルスそのものの大きさは直径が約0・1マイクロメートル程度で、一般的な不織布マスクの網目は通過してしまいます。しかし、ウイルスを含んだ飛沫はマスクを通過できないので、一定の効果があるといえる。ただし、マスクはあくまでも飛沫感染を防ぐためのもので、接触感染のリスクは残ります」

  インフルエンザに罹っている人が、咳、くしゃみ、会話などでまき散らすウイルスを含んだ飛沫は、自分の顔周辺に飛んでくるケースが多い。飛沫はマスクの表面に引っかかるが、ウイルスはそのまま暫く生き続ける・・・・・・・・・・・

 

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8854

  

yjimage.jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218156?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E4%BA%88%E9%98%B2&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch

 

 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。