So-net無料ブログ作成

「もう!若くはないんだぞ!」 中高年は要注意…お酒の飲み過ぎが招く思わぬ病気の数々! 年末・年始の酒を飲む機会が多くなる時期! 気を付けよう! [健康]

スポンサードリンク




「もう!若くはないんだぞ!」 中高年は要注意…お酒の飲み過ぎが招く思わぬ病気の数々! 年末・年始の酒を飲む機会が多くなる時期! 気を付けよう!


 


yjimage (21).jpg

 


仕事のメドも立ち、今週末は最後の忘年会やクリスマス会という人も多いだろう。中には「祝日前だから今年最後の飲み会を楽しみにしている」というお酒好きもいるだろうが、楽しい筈のお酒が思わぬ病気を招くことがある。消化器学会専門医で「鳥居内科クリニック」(東京・成城)の鳥居明院長に聞いた。


 ■お酒好きの中高年がとくに気をつけたいのは膵臓の病気だ■


 「膵臓は胃の後ろ側の背中の近い場所に帯状にある消化器です。腸に消化酵素を分泌して栄養分の吸収を補助する外分泌と呼ばれる働きと、血管内にインスリンやグルカゴンなどを提供して血液中の糖分を調整する内分泌の機能があります」


  膵臓の病気には急性膵炎と慢性膵炎があり、その原因は胆石や自己免疫疾患などだが、一番多い原因はお酒の飲み過ぎである。


 「急性膵炎は、本来は膵臓では活性化されない消化酵素が活性化され、膵臓を消化してしまう病気です。重症の場合は意識の喪失、血圧の低下、頻脈などが見られ死亡することもあります。慢性膵炎は慢性の炎症によって膵臓の固有の細胞が破壊され、線維化が起こって、膵臓の機能が低下した状態をいいます。この状態が続くと、内分泌機能の低下で糖尿病を発症したり、重症化することがあります」


 


急性膵炎は上腹部に激しい痛みが出て次第にその痛みが強くなり、数時間後にピークとなる。背中の痛みを伴う場合が多い。吐き気や嘔吐が起こり、食欲不振、発熱、下痢などが表れる。


 


 一方、慢性膵炎は膵臓の線維化のほか、外分泌低下による体重減少、水面に油のように広がる脂肪便が出るのが特徴だ。飲酒中の吐血や下血も・・・・・・・・・・・


 


yjimage (22).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <self care


https://hc.nikkan-gendai.com/


画像元 yjimage 


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%85%92%E3%81%AE%E9%A3%B2%E3%81%BF%E9%81%8E%E3%81%8E&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。