So-net無料ブログ作成

テロメア=「老化の回数券」とがんとの関係! 短くなった場所ががん化する! [健康]

スポンサードリンク




テロメア=「老化の回数券」とがんとの関係! 短くなった場所ががん化する!


  


yjimage (7).jpg


人のDNA(染色体)の末端部分には、「TTAGGG」と6個の塩基のセットが何千個も続いており、この部分を「テロメア」という。細胞分裂(DNAの複製)の度にテロメアは短くなり、ある一定以上短くなると細胞は分裂できなくなる。テロメアは「老化の回数券」と呼ばれ、細胞レベルでの老化要因のひとつだ。


 ■「高齢者がん研究」分野でテロメアの研究を専門とする相田順子副部長が言う■


 「テロメアの役割は、染色体を保護し、染色体同士が融合することを防いでいます。それが短くなり細胞老化の状態になると、染色体の安定性が崩れて異常が起きやすくなり、がんなどの病気の原因になる。高齢者のがんの発生には『テロメア短縮』が関係していることが多いのです」


  加齢によって発生するがんは、特にテロメアが短くなっている部位に発生するという。相田副部長は2010年、口腔上皮内がんの分子病理学的な研究で、世界で初めてがん周囲の組織とテロメアの関係を論文発表している。


  また、糖尿病患者では膵臓のインスリンを作るβ細胞のテロメアが短いことが分かっているという。


  がん細胞はテロメアが短いのに、なぜ増殖を続けられるのか。体内の細胞でも「幹細胞」や「生殖細胞」は限りなく分裂を繰り返すことができる。これは「テロメラーゼ」という酵素の働きで、テロメアの長さを維持しているからだ。しかし、普通の正常細胞はテロメラーゼ活性を持っていない。


 ■膵液の逆流も影響


  もともと正常細胞だったがん細胞は、どのようにテロメラーゼ活性を獲得するのか。


 「細胞はテロメアが短くなると、不安定になり異常な染色体ができないように分裂を止めます。P53などのがん抑制遺伝子に変異が起きることで・・・・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/11242


 


yjimage.jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/226341


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%82%A2&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。