So-net無料ブログ作成

統計不正キーマン政策統括官を急遽“幽閉” 又もや安倍内閣の呆れる「隠蔽ドミノ」!何回遣れば気が済むのだ! [この国の行方!]

スポンサードリンク




統計不正キーマン政策統括官を急遽“幽閉” 又もや安倍内閣の呆れる「隠蔽ドミノ」!何回遣れば気が済むのだ!


yjimage (1).jpg

「アベノミクス偽装」と批判が噴出する「毎月勤労統計(毎勤)」で不正に賃金がカサ上げされた問題を巡り、衆院予算委で4日から2日間の集中審議が行われている。しかし、安倍政権は疑惑のキーマンを異例の更迭人事で“口封じ”。まるでドミノ倒しのように分かりやすい隠蔽を重ねるのは、ひとつ間違えば、疑惑が官邸にまで飛び火しかねないからだ。


  厚労省は局長級の大西康之政策統括官を1日付で官房付に異動。統計不正の責任を押し付けた事実上の更迭だ。


 「表向きの理由は『賃金構造基本統計』で、ルール違反の『郵送調査』を昨年12月下旬に知りながら、根本大臣や、1月の総務省の一斉点検でも報告しなかったこと。大西氏は統計政策担当の統括官として、不正の実態の全てを知り得る立場にいた真相解明のキーマン。不正を組織的に隠蔽した疑いもある。ただ、更迭され、主に局長級が答弁を担う慣例により、国会に呼ばれにくくなりました」(厚労省関係者)


  キーマンの尻尾切りは分かりやすい口封じ。組織的隠蔽の疑いをさらに組織ぐるみで隠蔽するもので、「官邸の指示による“幽閉”」(永田町関係者)との見方もある。


  大西氏は毎勤の不正についても昨年12月20日、根本大臣に不正を報告した“張本人”。翌21日、注釈ひとつ付けずに同年10月分の確報値を公表するなど、適切な対応を怠ったのはなぜか――。根本大臣は国会で、「事務方から『原因が明らかではない中、定例の業務として公表したもので思いが至らなかった』と聞いている」と言い訳。事務方に責任をなすり付けた。


 ■根本厚労相を飛び越え安倍官邸に連鎖■


  もし大西氏が国会に呼ばれて「大臣に公表を指示された」とでも漏らそうものなら、大臣ぐるみの隠蔽に発展しかねない。さらに、官邸ぐるみの隠蔽に飛び火する可能性もある。


  「大西氏からの報告後、根本大臣は『同月28日まで官邸に報告しなかった』と言っている。『不正の影響がどこまで広がるか分からなかった』『まずは事実関係の精査を優先した』との説明を額面通りに受け止める野党関係者は少ない。説明は官邸からの指示の受け売りで、実は20日時点で官邸にも報告があったことを伏せる隠蔽との見方が、大半です」(前出の永田町関係者)


  そもそもの問題は、全数調査すべき毎勤の対象事業者を長年、不正な抽出調査でゴマカしたこと。さらに、昨年1月からは抽出調査の結果を全数調査に近づける「データ補正」をこっそり始め、平均賃金の数値が・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/15275


yjimage (11).jpg

 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246853


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E5%BA%B7%E4%B9%8B%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%B5%B1%E6%8B%AC%E5%AE%98%E6%9B%B4%E8%BF%AD&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2Rivc4ITFlclgkAiAeU3uV7?p=%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&aq=-1&oq=&ei=UTF-8


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。