So-net無料ブログ作成

『自民の常識は世間の非常識』余りにドップリ浸かり過ぎて其れが分らず、竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然! [この国の行方!]

スポンサードリンク




『自民の常識は世間の非常識』余りにドップリ浸かり過ぎて其れが分らず、竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然!

yjimage (2).jpg

 6月の任期満了で退任が決まった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)。今後の注目は、仏当局により本格捜査が行われている2億2000万円のワイロ疑惑の行方だ。予審判事が竹田会長を正式な裁判に掛けるのかどうかが焦点なのだが、捜査に関して興味深い記事があった。竹田会長サイドが判事による事情聴取に際して、ナント「黒塗り」の報告書を提出していたというのだ。

 「東京2020五輪キーマンの判事に対する苦しい言い訳」と題された記事は仏通信社AFPが今年1月に配信したもので、仏語のためか日本ではほとんど報じられていない。

  それによると、仏当局の予審判事による事情聴取を受けるにあたって、竹田会長はJOCが作成した報告書を提出したのだが、<そこには問題があった。一部を黒塗りにして提出していたのだ>という。そして記事は、<日本の検察の事情聴取を受ける際に、そんな黒塗りの書類を出すだろうか(そんなもの出さないだろう)>と続く。竹田会長とJOCは仏の捜査をナメているのではないか、と驚いているのだ。 事情聴取では、竹田会長が判事から「もっと具体的に言うことができますか?」と促される場面もあったという。

  不都合な部分を黒塗りにした報告書とはいかにも日本的だが、とてもグローバルに通用するとは思えない。本当にそんな報告書を仏の裁判所に提出したのか。JOCは「捜査中のため、こちらからお答えすることはできません」(広報企画部)とコメントした。

  竹田会長は拘束を恐れて国外に出ることもできない状況だ。そのうえ「黒塗り報告書」を提出するとは…。逃げも隠れもする竹田会長。裁判所の心証を悪くしているのは間違いない。

 (私見)

 『日本の常識は世界の非常識』を地で行ったような話ではないか。現状の日本の統治機構の異常さは今までの日本では経験したことのない異常さである。情報開示を求められたら、其の儘の資料を渡すべきであるが、日本のそれは・・・・・・・・・・・・・

 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/15555

interview_ph04_L.jpg

 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250384

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%AB%B9%E7%94%B0JOC%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%81%8C%E4%BB%8F%E5%BD%93%E5%B1%80%E3%81%AE%E8%81%B4%E5%8F%96%E3%81%AB%E3%80%8C%E9%BB%92%E5%A1%97%E3%82%8A%E3%80%8D%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E6%8F%90%E5%87%BA&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large

 

 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。