So-net無料ブログ作成

「(自称)世界の安倍!外交の安倍!」がいよいよ馬脚現す19年! 北方領土も拉致問題も成果出せる見込みなし! [外交]

「(自称)世界の安倍!外交の安倍!」がいよいよ馬脚現す19年! 北方領土も拉致問題も成果出せる見込みなし!


yjimage.jpg

 19年はいよいよ“外交の安倍”の化けの皮が剥がれる年になりそうだ。安倍は北方領土返還に総力を挙げる方針の様だが、1ミリも前進しない可能性が高い。


 ロシアとの平和条約交渉は年明けから本格化。1月下旬に安倍が訪ロし、25回目の日ロ首脳会談に臨む。1956年の日ソ共同宣言を基礎とするのがロシアの立場で、ここがミソだ。歯舞群島と色丹島を引き渡すことが明記されているが、主権には触れていない。


 ■筑波大教授の中村逸郎氏(ロシア政治)の見解■


 「年末恒例の大記者会見でのプーチン大統領の発言が交渉姿勢のすべてを物語っています。平和条約は経済協力を引き出す撒き餌に過ぎず、そもそも返還に応じる気はない。だから主権移譲が書かれていない共同宣言を持ち出し、交渉を複雑化させているのです」


  プーチン大統領は返還後の米軍基地配備に警戒感をあらわにしてきたが、大規模会見でも「日本がどの程度主権を持っているか解らない」と指摘。辺野古新基地建設の強行を挙げ、「知事が反対しているが、何もできない。人々が撤去を求めているのに基地は強化される」と言及した。


  「在日米軍が撤退しない限り、条約締結はないとハードルを上げたのです。日米同盟の強化に動く安倍首相がこの難題を解決できる訳がない」(中村逸郎氏=前出)


  安倍が最重要課題に掲げる北朝鮮による拉致問題も進展しそうにない。金正恩朝鮮労働党委員長に・・・・・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/14956


(新しいタブで開く) yjimage (7).jpg


・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244604/1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%A4%96%E4%BA%A4%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%80%8D%E3%81%AE%E8%99%9A%E6%A7%8B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


nice!(2)  コメント(0) 

米中“諜報戦争”激化で…安倍首相米国のパシリを露呈!折角のチャンスを自ら放棄!見事に、日中関係の「ちゃぶ台返し」!  [外交]


米中“諜報戦争”激化で…安倍首相米国のパシリを露呈!折角のチャンスを自ら放棄!見事に、日中関係の「ちゃぶ台返し」! 


96958A9F889DE1EAE4E2E0E5E5E2E2E4E3E0E0E2E3EA979394E2E2E2-DSXMZO3860275006122018EAF001-PN1-5.jpg

 中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の幹部が米国の要請で拘束された事件を機に米中“諜報戦争”が勃発しそうな雰囲気になってきた。トランプ大統領と習近平国家主席はG20(20カ国・地域)首脳会合の際に会談し貿易戦争の「一時休戦」に合意したが、拘束事件が「新冷戦の始まり」との見方が強まるばかりだ。


  ファーウェイのナンバー2、孟晩舟氏がカナダで拘束されたのは表向き、米国のイラン制裁に違反したのが理由とされるが、背景には米国の中国に対する危機感があるとの見方が専らだ。


 「ファーウェイは2017年、世界のスマホ販売市場で米アップルを抜き、韓国サムスンに次いで第2位になりました。来年から現在の4Gの100倍で通信できるようになる『5G時代』が到来するのを受け、米国は、中国政府とつながっているとみられるファーウェイに危機感を抱いていました。5G時代にファーウェイの通信機器が世界市場を席巻すれば、機密情報も含め、あらゆる情報が中国当局に流れかねないからです。今回の拘束は、いわば“諜報戦争”の一環で、中国に対する先制攻撃ではないかとみられています」(IT業界関係者)


  実際、英国やオーストラリアなどの欧米諸国は、安全保障上の理由からファーウェイなどの製品を5G設備から排除しようとしている。


 ■元外交官の天木直人氏の見解■


 「米国がファーウェイ幹部の拘束を要請したのは、米国の一方的な暴挙です。イラン制裁への違反を拘束の理由に挙げていますが、そもそも、イランが核合意を破ったとしても制裁を科しているのは米国だけ。正当な理由にはなりません」


  その通りだ。国際原子力機関(IAEA)は11月、イランが欧米など6カ国と結んだ核開発を制限するための主要な規定を「引き続き順守している」との報告書をまとめている。中国から見れば、米国の「イラン制裁に違反したからファーウェイ幹部を身柄拘束」なんてイチャモンの類いに等しいだろう。


  中国外務省が「これまで他国の安全保障にどのような影響があったか誰も証明していない。こうした臆測は正常な企業活動を妨げ、道理に合わない」と反発しているのもムリはない。元NSA(米国家安全保障局)職員のスノーデンは、米国が世界中の通信データを傍受して「監視」している実態を暴露したが、当たり前のように世界中で諜報活動している米国が「安全保障」を理由に中国を非難できるワケがない。


  ところが、この米国の暴走に真っ先に従ったのが安倍政権だ。早々に安全保障上のリスクを抱える通信機器の調達を禁止する方針を打ち出し、石田総務相も11日の会見で、ファーウェイなどの通信機器を排除する方針について、「通信事業者もサイバーセキュリティーの向上に向けて積極的に取り組むことを期待している」と発信した。米国に右向け右と言われれば黙って従い、言い値で武器を買えと言われれば自国企業の支払いを猶予して貰ってでも買いまくる。完全なパシリだ。


 「これは、小泉政権がイラク戦争に同調した時と同じくらいの大失態です。安倍総理は、中国との関係改善を打ち出してきたのに、自らひっくり返してしまった。せっかくの米中外交の舵取りをする絶好の機会をみすみす潰したに等しい」(天木直人氏)


  


(私見)


 一体、どのツラ下げて「外交の安倍」なんて言っているのか。「(自称)外交の安倍」等というのは、文字通り安倍総理自身の単なる「敵わぬ願望」に過ぎないことがよくわかる!


 yjimage (16).jpg


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243557


画像元 yjimage


https://wadai-log.com/moubansyu-3286/


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%B1%B3%E4%B8%AD%E8%AB%9C%E5%A0%B1%E6%88%A6%E4%BA%89&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(2)  コメント(0) 

「歴史的米朝会談前夜!」日米首脳会談で約束させられた案件! 安倍首相が又もや「数十億ドル」献上!トランプ暴露! [外交]

「歴史的米朝会談前夜!」日米首脳会談で約束させられた案件! 安倍首相が又もや「数十億ドル」献上!トランプ暴露!


83c3f068eea53d2836d2b981ff5a0634_1528406002_1.jpg


12日にシンガポールで行われる米朝首脳会談を目前に、トランプ大統領がまた“迷走”だ。


 トランプ大統領は日本時間の8日未明に行われた日米首脳会談後の共同記者会見で、米朝首脳会談で、朝鮮戦争(1950~53年)の終結合意に調印する可能性があると明らかにした。


 トランプ大統領は今秋の米議会中間選挙や2020年の自らの大統領再選に向けて、「歴史的偉業」をアピールすることで頭が一杯だ。


 そこで目を付けたのが、朝鮮国連軍と北朝鮮、中国の間で休戦状態にある朝鮮戦争の「終結」だ。朝鮮国連軍の司令部は今も韓国・ソウルにあり、在韓米軍のブルックス司令官が同軍司令官を兼務している。


「戦争終結」となれば、朝鮮国連軍は撤退しなければならないが、実動部隊は常駐しておらず、実態はない。「朝鮮戦争終結」はトランプ大統領にも、金正恩委員長にも受け入れやすい「歴史的偉業」という訳だ。


 一方、安倍首相は会見で「トランプ氏は北朝鮮が(非核化に向けて)行動するまで制裁を解除しないと言っている。日米は完全に・・・・・・・・・・・・・・



続きはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/12656



yjimage.jpg



記事参照  Nikkann Gendai 


画像元 yimage





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

後がない!何時辞めるか分らんような総理に真面に取りあう外国首脳など居らぬ!プーチン当り障らずの対応!外交辞令真に受け「(自称)世界の安倍」1人微笑む! [外交]

後がない!何時辞めるか分らんような総理に真面に取りあう外国首脳など居らぬ!プーチン当り障らずの対応!外交辞令真に受け「(自称)世界の安倍」1人微笑む!


 


yjimage (20).jpg

 国会審議から逃げるように向かったロシアでプーチン大統領との首脳会談を終え、27日帰国した安倍首相。会談でプーチンに48分の遅刻を食らった上、懸案事項も悉く進展ナシ。今回で21回目の会談になることから“個人的な信頼関係”と喧伝していたが、安倍首相は頼みのプーチンにも見切られた形だ。それはそうだ! 徳俵に、つま先立ちして、何時辞めるか分らん政治家を真面に相手にする外国首脳など居る筈がない。こんなのと、協定を結んだはいいが、直後に辞任等されたら、その国の至たならさを世界に公表する結果になり、国際的な大恥を掻く事になるからだ!精々「シカト」を決め込まれるのがオチだ。


  案の定、これだけ成果のない首脳会談が、嘗てあっただろうか。一致したという「北の非核化に向けた連携」や「米朝会談成功の後押し」は、蚊帳の外の両国には「天気の話」のようなものだ。両国間の懸案へのロシアの対応は冷淡だった。(プーチンはこういう点ははっきりしている)


 「北方領土問題は具体的な進展は一切なく、元島民は残念がっています。元島民らによる航空機を使った北方四島への墓参を7月に行うと発表したが、これは昨年も行っていて目新しい事ではありません。今年もやって当たり前というレベルの話だ。安倍首相が目玉にしている北方領土での共同経済活動は、事業化を目指していたウニ養殖やイチゴ栽培について、合意できたのは調査団の派遣に留まりました。想定以下で“マイナス回答”でした」(外交関係者)ここでも日本は蚊帳の外で、各国の企業誘致などを推進しており、島の「実効支配」は、着々と・・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/12484


 yjimage (8).jpg


 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229973


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E9%83%A8%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%A4%96%E4%BA%A4&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%B6%E3%82%AE%E3%83%88%E3%83%AF+%E7%A7%8B%E7%94%B0%E7%8A%AC+%E8%B4%88%E5%91%88


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。