So-net無料ブログ作成

【名所旧跡探訪】雷電為衛門の生誕地 東御市 道の駅の名前にも雷電の名前が入っている! !どすこい!どすこい! [信州探訪]

スポンサードリンク




 雷電為衛門は大相撲の歴史上で最強の力士だった。相撲人生で負けたのはたったの10番[場所外の天覧相撲の負けが他に1番ある。それを入れれば負けは11番となる]で、生涯勝率は、実に9割6分2厘、254勝10敗2引き分け、14預かり、無41、41休。なにせ雷電に勝った力士は希少価値があり、その1点で、記録に残されているから、雷電の凄さも解ろうというものだ!因みに雷電に勝った力士は9人である。という事は、雷電に2回勝った力士がいるという事になるが、その他に同一力士に2回も負けた例はいなかったというからこれまた凄い話だ! 

   雷電立像 道の駅雷電くるみの里にあります!
   https://youtu.be/fTyj5ZXErZM

   道の駅「雷電・くるみの里」東御市 雷電展示場も併設されています!
   https://youtu.be/rLR37syQ6sk

   雷電くるみの里 雷電為衛門の出身地と全国一にくるみの生産地!
   https://youtu.be/Nu0V5oTxCnE

 さて雷電は、小県郡大石村(現東御市)の出身である。道の駅「雷電胡桃の里」があるが、そこには雷電の等身大の銅像が立っている。身長197cm、体重172kgだったというから、当時の大人の体格からすれば、まさに大巨人という趣だったろう。赤ん坊の時に、石臼で繋いでいた紐を軽々と動かしたとか、大名行列の邪魔になるからと言って、牛を軽々持ち上げたとか、怪童のエピソードには事欠かない。

 この道の駅には、雷電のミニ展示室があり、化粧まわしや、手形、年表などいろいろな資料が展示してある。休憩の間に、御爺さんが、孫2人を連れて、展示を見て回っていたが、丁寧に雷電の生い立ちを、読み聞かせていたのは、実に微笑ましかった。女の子は余り興味が無かったと見えて、周りを飛び回っていたが、男の子の方は、熱心に聞き、質問もしていた。

 この他にも、生家や、墓、雷電ゆかりの場所が近在に残っています。生家も動画を撮ってありますので、別の機会に書いてみます。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。