So-net無料ブログ作成

「106万円の壁」年17万円負担増も!女性の社会進出を阻む結果を招くのではないか! [この国の行方!]

スポンサードリンク




「106万円の壁」年17万円負担増も!女性の社会進出を阻む結果を招くのではないか!

「女性が輝く社会」などと言って「配偶者控除の廃止」をゴリ押ししようとしてきた安倍政権が一転、見送りを決めた。サラリーマン世帯に年間6000億円もの増税を強いる隠れた魂胆が主婦に見透かされ、万が一、解散となれば大敗しかねないからだ。<だから自分の意思を投票ではっきりさせることが大切なのだ!したがって、選挙に行っても変わらないというのは、為政者を利するだけだ!>

 しかし、政府は増税を先送りしただけで決して死んではいない。それどころか、今月から新たな負担増をパート主婦に強いようとしている。所謂「106万円の壁」だ。これまで「130万円以上」だった年金など社会保険料の負担が発生する年収要件を一気に引き下げた。

「“従業員501人以上の会社”など一定の条件がありますが、年収106万円以上のパート主婦は、先月まで免除されていた年金保険料と健康保険料あわせて毎月1万3000円を新たに負担することになる。40歳以上は介護保険料も引かれ、年間約17万円も手取り額が減る計算になります。妻が扶養家族から外れることで夫の家族手当もなくなり、世帯年収が激減する・・・・・

 

 yjimage (2).jpg

引用・参考元 日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191717/3

 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。