So-net無料ブログ作成

政治家の人間像は、中々伝わってこないが、日本では報じられない「プーチンの知られざる真実」5選 ― [人物]

スポンサードリンク




政治家の人間像は、中々伝わってこないが、日本では報じられない「プーチンの知られざる真実」5選 ― 特殊な歩行法の謎からコンプレックスまで

今月15日、ロシアのプーチン大統領が6度目の来日を果たした。僅か2日間の日程ではあるが、何といっても今回の焦点は、70年以上にわたり進展が見られない北方領土問題を含む平和条約交渉に何らかの前進が見られるのか、という点に尽きるだろう。各地は和やかな歓迎ムードに包まれている様だが、プーチンの“したたかさ”を見くびるべきではない。

 近年、急激に中央集権体制と独裁色を強め、覇権主義へと傾くロシアを統率する中心人物が、プーチンその人である。日本文化に理解を示し、柔道は黒帯、動物(秋田犬を含む)が大好き……など、日本人にとっては好感できる要素が数多く報じられるが、この男にそこまで心を許してよいものか。何しろ、旧ソ連におけるスパイ活動・破壊工作・国民監視などを一手に引き受けていた悪名高きKGBの出身である。決して一筋縄ではいかないことは一目瞭然だ。攻略する為には、この男の「底知れぬ奥深さ」を少しでも理解し、彼のあらゆる言動の裏にある“真意”を読み取ろうとする試みが必要不可欠だろう。そこで今回は、まだ日本でほとんど報じられていない、プーチンの知られざる側面を5つ厳選してお伝えしよう。

■知られざる側面1: プーチンはピアノと歌が上手■

 ロシアの実質的国営メディア、「RT(ロシア・トゥデイ)」が報じた恐るべき映像をご覧いただこう。これは、一時プーチンが首相の座に退いていた(とはいえ実質的な最高権力者だった)2010年に開催されたチャリティー・イベントでの一幕である。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11791.html

 大勢の来場者を前に、冒頭からプーチンは圧倒的なソロ・ピアノを披露。会場は一気に感動の嵐に包まれた。しかも、そこから間髪入れずに立ち上がると・・・・・・・・


 
 

 

 Tocana_201612_post_11791_4edc_1.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Excite News <Tocana>
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201612_post_11791.html




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。