So-net無料ブログ作成

秀吉に一心に信仰され、天下人に導いた 縁起のいい「三面大黒天」! 元旦に付き登場! [ニュースとっておき!]

スポンサードリンク




秀吉に一心に信仰され、天下人に導いた 縁起のいい「三面大黒天」! 元旦に付き登場!

秀吉を太閤にまで導いた、守り神「三面大黒天」物語

■ドン底の少年時代■
豊臣秀吉の少年時代は悲惨でした。尾張国中村(現在の名古屋市中村区)の百姓の子として生まれた秀吉は7歳で父と死別し、母の再婚相手から虐待される不遇の少年時代を送ったという。寺に預けられたもののすぐに追い出され、帰り着いた家では貧しい家計を支えるため薪を刈る重労働の日々。15歳の時わずかな金を渡されて家を出て、木綿針の行商をしながら放浪します。最初に仕えたのは今川氏配下の松下加兵衛という武将です。秀吉は一生懸命働いて目を掛けられたものの、先輩たちに疎まれて陰湿なイジメに遭います。蔵からの盗難を防ぐ対策を立てたところ、盗んでいた先輩たちが「あのサル(秀吉)が真犯人だ」と逆に濡れ衣を着せたのです。秀吉は孤立無援となり、何の落ち度もないのにリストラされてしまいました。再び放浪の身となった後は職を転々とし乍ら食い繋いでいたといわれます。

■運命を変えた出会い■
そんな辛く苦しい挫折ばかりの少年時代、偶然出会ったのが「三面大黒天」です。秀吉は強力な三神が三位一体となった三面大黒天を見るなり「これは凄いぞ!」と直感します。そして自らの守護神と定め、常に身近に三面大黒天の小像を置くようになりました。この出会いが彼を変えました。


■織田信長との出会い■
とつぜん運が開けたのはその後です。当時まだ尾張の小大名にすぎなかった織田信長に仕えることになり、天下人への・・・・・・・・・


 
 
 
 
yjimage (4).jpg 
 



引用・参考元 (株)日本黎明社
http://www.j-reimei.com/sanmendaikokuten.htm



スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。