So-net無料ブログ作成

納豆で脳卒中死亡リスク3割低下 岐阜大が3万人調査 効果的に食べる方法は!? [食べものチェック!]

スポンサードリンク




納豆で脳卒中死亡リスク3割低下 岐阜大が3万人調査 効果的に食べる方法は!?


 納豆を普段よく食べる人はそうでない人に比べ、脳卒中で亡くなるリスクが約3割低いとする調査結果を岐阜大のチームがまとめ、米国の臨床栄養学の雑誌で報告した。納豆に含まれ、血管が詰まるのを防ぐ作用がある酵素などが関わっている可能性がある。

 岐阜県高山市に住む男女約2万9千人について、1992年に健康状態や食習慣などを尋ね、16年後の生死や死因を確認。納豆をふだん食べる量に応じて四つのグループに分け、死亡リスクとの関係を調べた。

 調査期間中に、677人が脳卒中で亡くなっていた。年齢のほか、喫煙状況や運動習慣などが影響しないように考慮して計算すると、納豆を最も多く食べていたグループ(1日あたり7グラムほど)の脳卒中による死亡リスクは、納豆をほとんど食べないグループより32%低かった。心筋梗塞(こうそく)などで亡くなるリスクも下がる傾向がみられた。


◆納豆を効果的に食べるために◆

最後にせっかく納豆を食べるなら知っておいてもらいたい、納豆を効果的に


 
 

 

 a0002_004863_m.jpg

記事引用・参考元 Yahoo News <朝日新聞デジタル>

記事・画像引用 http://sorememo.com/post-546/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000084-asahi-soci






スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。